当社はカラオケ・ダーツ機器の委託販売業務を主としており、第一にお客様のことを考えたサービスを徹底しております。当社の役割はその店舗様のみならず、その町を活気つかせ、豊かにすることを目標としたトータルサポートカンパニーを目指しております。

社名
株式会社ミニジューク岐阜
代表者
代表取締役社長 安澤 嘉崇
本社所在地
〒500-8303
岐阜県岐阜市春日町2-18-2
TEL. 058-253-8803
FAX. 058-253-3892
資本金
1,000万円
創業
1960年 1月12日
従業員数
62名(平成30年1月現在) ※パート、アルバイト含む
事業内容
業務用カラオケ機器レンタル・販売
ソフトダーツマシンレンタル・販売
カラオケボックス カラオケJB経営
取引銀行
岐阜信用金庫

社長挨拶

代表取締役社長
安澤 嘉崇

1960年に株式会社栄光の商号で医薬品事業をスタートした当社ですが、1971年よりカラオケ事業を開始し、その後社名を「ミニジューク岐阜」に変更しました。社名である「ミニジューク」は1968年に発明された小型ジュークボックスの名前に由来しています。
1972年生まれの私にとって、カラオケは自分とほぼ同時期に誕生したモノであり、また幼少期から自宅にはカラオケがありました。1980年代にはレーザーディスクやVHDといった ビデオカラオケが酒場で大ヒットし、またカラオケボックスという業態が生まれ、1990年に入ると通信カラオケが誕生し、カラオケ文化が定着しました。
ずっと身近にカラオケがありましたので、私はカラオケに非常に愛着があります。ですから、カラオケを必要としてくださる、酒場(居酒屋、スナック、ラウンジ、バーなど)、ホテル・旅館、カラオケボックスやネットカフェといった「お店」は全力で応援するのが使命だと感じております。
2002年からはデジタルダーツ機の取り扱いをしておりますが、私自身がダーツにハマりました。ダーツの魅力は対戦を通じて友人の輪が広がっていくことです。2003年から毎年ダーツトーナメントを開催し、2004年からダーツリーグを運営しておりますが、ダーツ機を置いていただいているダーツバーの皆様と一緒になって、この先もダーツの魅力を伝えていきたいと考えております。
また2011年夏には、初めて直営のカラオケボックスを岐阜市内に出店いたしました。開店当初はお店にいる時間も多かったのですが、小さな子供さんからお年を召された方まで幅広い層にカラオケが愛されていることを実感しました。私にも小さな子供が2人おりますが、出店を機にカラオケファンになりました。
カラオケの発展と共に歩んできた当社は、今後もカラオケの楽しさをたくさんの人に伝えていく所存です。宜しくお願い致します。

沿革

1960年
1月12日「株式会社栄光薬品」として創業
1965年
健康食品「栄光流石茶」の製造販売を開始
1971年
「ミニジューク岐阜」としてカラオケ貸付業務を開始
1975年
社名を「株式会社栄光」に変更
1993年
分社化(健康食品事業は事業譲渡)
1995年
通信カラオケ取り扱い開始
2002年
デジタルダーツ貸付業務を開始
2003年
飲食店事業を開始
ソフトダーツトーナメントの企画・運営を開始
2004年
岐阜地区でソフトダーツリーグの運営を開始
(株)有線ブロードネットワークスより岐阜地区のカラオケ事業を譲受ける
2005年
社名を「株式会社ミニジューク岐阜」に変更
2006年
(株)BMBより岐阜地区のカラオケ事業を譲受ける
2008年
(株)BMBより東濃地区のカラオケ事業を譲受ける
2010年
家電販売業務を開始
2011年
岐阜市北島に直営カラオケボックス「カラオケJB 北島店」オープン
2012年
(株)エクシングより東濃地区のカラオケ事業を譲受ける       
2013年
羽島郡岐南町に直営カラオケボックス2号店「カラオケJB 岐南店」オープン
2015年
岐阜市岩崎に直営カラオケボックス3号店「カラオケJB 三田洞店」オープン
2016年
本巣郡北方町に直営フィットネススタジオ1号店「JB Fit アピタ北方店」オープン
2018年
各務原市鵜沼に直営カラオケボックス4号店「カラオケJB リゾートHANA店」オープン

会社MAP


Google MAPで見る